解体工事の工程と流れ

最近の投稿

解体工事の保険を知ろう!

解体工事の保険について

解体工事の工程と流れ
解体工事の最中、様々なトラブルが起こる可能性はあります。そのようなトラブルに対応するため、解体工事を対象とした保険に入る必要がありますが、ほとんどの会社が加入せずに工事を行っているのが現実です。大きなビル解体工事であっても、同様の状況です。何故なら、解体工事に関しては、扱っていない保険会社がとても多いのです。建物工事のためのものはありますが、その場合も、解体工事は除くとされています。では、なぜ、扱っていない会社が多いのでしょうか。
その理由は、もしも支払う事になった場合、高額な金額を支払う必要が出てきてしまうためです。解体工事は普通の建設の工事に比べると、どうしてもリスクが大きくなりがちです。トラブルも多いのです。いきなり重機が風で煽られ、倒れる可能性もあります。また、フェンスなどが倒れることも多々あります。ガス爆発の可能性もありますし、電柱を倒して一帯が停電になることもあるのです。人命に関わる事故も考えられます。このような多種多様なトラブルが考えられるため、リスクを恐れ、保険会社側が契約を結ぶことを拒絶してしまうケースが多いのです。
もちろん、まったく契約が出来ないという訳ではありません。しかし、その場合もどうしても高額になってしまいます。そのため、多くの解体の工事業者は請負工事総合賠償というもので、対応しているのが実状です。これは、工事作業中の事故などに対応しています。賠償であるため、対人対物への対応になります。つまり、工事中の偶然な事故が原因で、他人に身体傷害や財物損壊が発生し、法律上の賠償責任が生じた時に保障をしてくれます。配管を間違って壊した、重機が倒れて車を壊したなど、解体工事で起こりうる事故にも対応してくれます。保障されるものは、法律上の損害賠償金、賠償責任に関する訴訟費用や弁護士の費用、事故発生時に行われた応急手当などの費用などです。一般的には、特定の工事のみを対象とする場合は、支払限度額が、対人賠償で5千万円程度の保障、対物賠償で1千万円程度の保障となっています。また、1年間包括して加入する事も出来ます。こちらのケースの時は、対人賠償で1億円程度の保障、対物賠償で5千万円程度の保障となっています。解体業者側が支払う料金は、特定の工事のみを対象とする場合は17万円程度、1年間包括の場合は80万円程度となっています。
このように、解体工事を対象とした保険は少ないため、工事総合賠償などで対応しています。

 

Copyright(c) 2016 解体工事の工程と流れ All Rights Reserved.